×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

2011年 3月の日記 PAGE-3 (犬・自転車・管理人の日常)

3月11日~15日

登場人物紹介
書き手=管理人=あすか=よきえ
毛の長い犬= ロキシー(ろくたん・本名:ロクサナ)(ヨークシャテリア・牝・4歳)
黒いツルツル犬= チビわんvonエデン (スムースチワワ・牝・2歳)
登場家族=ワトスコフとか、いーすけ他

時々重たいくどい話も含むコトもありゅので、さらっと読める方のみおながいします(ノ◇≦。)

2011年3月11日 (Fri) v■□■□■□■□■□■□■□■□
m
m
n
午後、14時46分、のちに「東北地方太平洋沖地震」となづけられる
本国観測史上最大の地震が起きました。
また「46分」なのね・・・。

私は午後、犬を2匹連れて3階の自分の部屋にあがって、
部屋を片づけたり、犬と戯れて写真を撮ったり・・・
14時ごろから「石原都知事の出馬にまつわる会見の中継が始まるかも」と
テレビをつけていて。
ちょうどハンディモップを手に飾ってる箱入りおもちゃのホコリ掃除をしてるさなか、
揺れたんょ。

最初の3秒くらいは、いつもの「どこかの地震の横揺れの伝わり?」
ぐらいに思ってたけれど、あまりに長く揺れは続いて・・・。

ふたつ並べた犬ベッドにそれぞれ寝転がってた犬が、
私の顔をじっと見てます。
(いつもはたいしてアイコンタクトなんてしてくれないのにね(^^ゞ)
ああ、犬的にも理解不能で、何らかの指示なりを私に要求してるんだなーと
思いました。


ゆれは激しくなる一方で、天井近くまである、
とても大きな飾棚まで揺らぎだして・・・。

平成7年兵庫県南部地震(阪神・淡路大震災)を神戸で被災した時と比べると
家が崩壊するような揺れではないのはわかるけれど、
これは「屋内のものが転倒・落下しはじめる」って状況だなと思って、
犬を両脇に抱えました。

テレビで、おそらくは地震速報を流したときに出る「ポッポポッポ」みたいな音がしてきました。
でも踏ん張ってるので、画面を見る余裕がありません。
文字での速報はこういう場合は役に立たないようです。

この部屋は危ないな~。
片面の壁半分以上をしめる私より背が高い大きな飾棚(棚自体は安物で重量のあるものではない)
そして、ぷらケースの衣装ケースがこれまた私の身長より高く数段積んであるのです。
扉から50センチほどしか、なにも転倒物のない空間ってのはないのでつ。



部屋の扉を開け、
階段を降りるのも揺れで落っこちたら逆に大けがするだけなので、
間合いを取って・・・
でもすぐ後ろでは飾棚から物がバコバコ落ちてくる気配がします・・・
降りるしかないな・・・

2階におりたら、
2階もズガガガ揺れてます・・・。

もうひとつ階段を下りなくちゃ・・・
と階段側に回ったら、台所で食器が落ちて割れまくってるのが見えました。

こりゃ、結構本気地震が起きてるのね。

玄関まで行って、廊下に置きっぱなしにしてる
ガラガラカートにまず犬を放りこみ、チャックを閉めて逃げられないようにして。

私、もしもの時に備えて、リビングのカーテンのタッセルをかけるフックに
ショーリードを2本(軽くて首輪部とリードが一体化してるので首にかけるだけで、犬をつなぎ状態にできる)かけてるのだけど、
犬を両脇に抱えてるので手を伸ばしてとることができませんでした。
1匹だけでも犬を降ろしてもし割れたものが散乱するキッチンに行かれたり、
隣の部屋に逃げ込まれたら、捕まえるのに時間がかかります。
これは想定外でした。

玄関の下駄箱の上にもリードを置いてたのですが、
精神的にとることができませんでした。
犬は裸犬状態のまま。
だけど、いつもならしまいこんでる、ひっぱりカート、
いつもなら畳んで壁にたてかけてあるわんこカート(ベビーカーみたいなやつね)を
ぐーたらに今週は出しっぱなしにしてたので、
ゆらゆらしてる中、すぐさま犬を放り込むことができて
これは、私のぐーたらも時には役立つ!と謎の自信を持っちゃったりして。

玄関開けて、道路に出たら、近所の人が固まっていました。
泣いてる人もいました。

うちの家の前は前は畑で今は大きめの駐車場なので、
建物が崩れだしてもかわせる場所があるのは幸いなのかもしれません。

揺れてるけれど、家は安全そうなので、玄関に戻って、せまいひっぱりカートから、
普通のベビーカー風わんこカートに犬を乗せ替えました。
そして再び外へ。
b
↑私と犬だけ家にいたので、実家などに無事だとメール送るために
謎に犬の写真をとってしまった。。。。自分撮りはこっぱずかしいのう。

子供は学校だから、狭い家の中で落下物の危険にさらされるよりは安全だろう。
ところでダンナはどうなのだろう?
社にいるなら、きっと大丈夫。


しばらくすると、
T字路の先をみると自転車に乗って、おそらくは小学校へ向かう人たちが見えました。
「どうする?学校行く?」と家の前に集まってた人に言われたので行くことに。
再び家に入り、
Gパンにはき替え、おそらくは寒空にさらされるだろうからダウンコートを着て小さなバッグに、
財布やタオルやウェットティッシュなどを入れて、犬のカートを押して学校に。

生徒たちはみんな防災頭巾をかぶって、校庭に並んでいました。
なお、何度も揺れています。
おおきな揺れもきました。

空をみると、いつもより低めに感じるんだけど、旅客機が飛んでいました。
あれ、着陸できるんだろうか?

学校の建物はしっかりした作りで、耐震補強も必要なかったぐらいなので、
こうやって、広い校庭にいることは、家にいるよりは安全ですね。

私、今日は犬の写真をとるために、ポケットにスペシャルおいしい犬のおやつを入れたままでした。
寒い中、状況もわからずふたを閉めたカートの中でそわそわしだすちびわんに

おやつをあげたら落ち着いていました。
こういうときって、おやつも必要なんだなぁと思ったりして(笑)

それにね、最近昼間に犬の写真を撮る毎日だったんだけど、
ブログに書いたように、ロキシーは一室にちびわんと長くいるのがいやで、
「降ろして!」と催促するので、途中で2階に1匹だけ降ろしてたの。
だけどね、今日はね、
一度「降りたい!」と言いだしたけれど、
私が「スペシャルおいしいおやつ」を持ってるのをしって、
ちょうだい~と、ずっと一緒にいれたの。
だから地震が始まってすぐに犬2匹を抱き上げることができてよかったわ。

校庭では1時間ぐらい待機して。

b←校庭。

下校しておうち帰って・・・。
犬は首輪装着、鑑札票兼迷子札装着、またいつ外へ飛び出さないといけないのかわからないから、
Tシャツ着せて、
お部屋にマザーカートのミニバギーのバッグを置いて、すぐに2匹をほうりこめるように、
また放り込んでも余裕があるようにして。

リュックに犬が避難した時に必要になりそうなものを詰め込んで。
いーすけにも私とはぐれてもひとりでサバイブできるだけの用品をリュックにつめこんで。

誰かに連絡するよりも先に、アメブロを更新してしまった悲しいブロガーの性・・・

旦那からなんども「大丈夫か?」だけのメールが来て。
私からの返事は届かないみたい。
大丈夫かと聞けることはおまいさんは無事なんだね~。

校庭では区の防災情報は知れても、テレビがみれないので日本の状況がわからない。
メールくれた関西の友達と親に
「テレビで見た情報があったら、メールで教えてくれ~」
と連絡したけれど、
なかなか通じず。たまに受信できた時、
「宮城が津波でのまれた」
「都内でも火災発生」など聞くたびに心配になりました。

おうちに帰ってからは
テレビで状況をしることができました。

「携帯のメールがアウトなので、
PCにメールしてるから見てほしい!」
と連絡がきてPCを起動・・・。
ネットは使えるのね~。
最初は確かめる気もしなかったよ。


m
東京タワーの上部がゆがんでいます。(報道写真)

v
お台場(報道写真)
左にヴィーナスフォートの観覧車が見える



当日のおいらのブログ(ってたいした内容じゃないよ(笑)

アメブロ→  
ヤプログ→      




2011年3月12日 (Sat) v■□■□■□■□■□■□■□■□

太陽が照らすと、東北地方太平洋沖地震
被災地のひどい状況が・・・。

テレビみたら、南相馬市では津波がまちをさらってる状況で・・・。
福島には他にも、
友達が、相馬市といわき市にいるんですが(転勤で)、
地図で見たら、両方とも海に面してる街なのですね・・・。
ご主人は仕事中の被災となったろうし、
小さい子供さんもいる家庭なので、
無事なのでしょうか・・・。


微弱横揺れではなく、明け方に2度、長く強めに揺れました。
テレビみると、それぞれ震源地が「新潟」「茨城」と違うんですよね。
あちこちで地震が起こってるの?とびっくりしました。


都内も昨夜は帰宅困難者でごったがえし、
テレビでは都庁前から半蔵門まで行くのに
普段は徒歩15分程度なのに、1時間はかかる状況、
おまけに人が多すぎて車道も歩いてたり、赤信号無視で歩いてたりだったそう。
同じ道は車だと5時間かかると言ってました。


ペット達も大丈夫でしょうかね。
直撃地帯では気に掛けたくてもどうしようもなかったでしょう。
いつも通りにお外を一人散歩してる飼いネコさんもいたでしょう。


昨夜、ガス出なくなってるのは、屋外ガスメーターの安全装置解除すれば出る
の話を書いたけれど、
うちの近所でも「ガスがでなくなってる!」と
ガス会社に電話しても全然通じなくて困ってたおうちがチラホラあったそうです。
「ガス来てる?」と聞かれて、
今朝になって、ボタンを押すこと、それがどれなのか伝えることができました。
やっぱ、みんな、そんなの知らないよね(>_<)


道路または公共交通機関はどうなのでしょう。


うちの方(東京都千葉の境目あたり)は、
昨日から区の災害対策本部からの放送が定期的にあり、
「東京湾に津波警報が発令されています。
荒川・中川・江戸川・臨海公園には近づかないでください」
と何度も言ってるよ。

現地の人は命の危機にさられてるのに、
たいして被害のない地域でのんびりごめんなさい。


うちは江戸川が割と近いから、
昨日は「高いところに避難した方がいいのか?」
と道行く人に聞かれたりでした。
「ここは大丈夫でしょう? ”スーパー堤防”あるし」
と答えたりだったんですが。
スーパー堤防は反対運動もありますけどね・・・。
この最近のように、沿岸地帯が大きな地震にさらされてる今、
本気の津波には効果があるんじゃないでしょうか?


今日のひなたぼっこはココでね
f v


f
羊さんの骨ゴリゴリ

v

c
ポカポカなんだぉ

v c






2011年3月13日 (Sun) ■□■□■□■□■□■□■□■□

今日は3月11日地震前にとった写真達です。


◆ロキシー
h

v


◆今日の練習w
n v

v ntime/13:38
この服も、この冬1回も着まちぇんでちたね・・・

◆今日のひなたぼっこ。
v
昨日と太陽の角度が変わった気がするにゃー


b
「いい天気だぉ」

v
「やっぱりまぶしいぉ」

はい。交代。

v



◆モロッコの踊り子乱入
n

mtime/14:00:52

n
ロキシーは踊り子しゃんウェルカムな模様です

mtime/14:26:54
↑この写真撮ったのは午後14時26分50秒だったよ・・・

散歩にでかけるつもりで、
ボディ毛をラップしてました~
n
さて完了~なんて思ってると
13時40分ごろから急に天気がおかしくなったので、
(空が暗くなって、何も降ってないのに、つめたいものが顔にあたる気がして
あわてて洗濯物取り入れ。でも向こうの空は青かったにょ。)

「なんで?」と思ってて、
そうこうしてるうちに、都知事の会見が始まって、
ずっと家にいたのよ~。
カートに2匹乗せて、ロング散歩につもりだったから。
もしお外であの揺れに遭ってたら、どうだったんだろう・・・。

vv
カメラ向けてると、絶対わざと、
どんどんショボ表情に変えてくロキシー。
ぷいって顔を背けたりもするんぉ~

b
◆ふゆぼうし。
j m


2011年3月14日 (Mon) 晴れ■□■□■□■□■□■□■□■□
津波さえなければ・・・。
もっと被害は少なかったかもしれない。
命だけでなく、すべて、住んでた町までなくしてる。
なんてことなんだろう。
日本の家屋建物が、あんな風に破壊されるとは思わなかった。

輪番停電。
まさにヤシマ作戦。みんな思いつくこと同じ(笑)
f

v


◆私が隣の部屋に行ってる間に、
離れたところにあった、ヤギさんのおもちゃを運んできてたちびわんがかわいい☆
v

◆ ロットワイラーの「ケルツェ」
f




2011年3月15日 (Tue) 晴れ■□■□■□■□■□■□■□■□

d

g

g

g
「なんだったんだお・・・」

-------------------------------------------------


昨日は各駅での乗客殺到長蛇の列・・・
本当にお疲れさまでしたヽ(;´Д`)ノ 
心身ともに疲弊しちゃうよね。
こんな時にさぼっちゃえばいいやん~とだらだらせず、
何としても勤務先へと向かおうとする日本人は偉いよ。
この国民性がきっと、東北を早い復興へ導けると思う。


昨夜はとっとと電気消して寝た。
何時頃かわからんけど、結構揺れて目が覚めた。
震源地、東京湾のやつだと思われ。